フキスイ乗り鉄日記

埼玉県出身で大阪府在住の大学生。基本的に自分の乗り鉄記録を投稿しますが他の内容の記事を投稿する場合もあります。

特急あそぼーい!乗車記

続いて特急あそぼーい!の乗車記です。

f:id:FukisuiNoritetsu:20211114233235j:image

別府15:12→18:29熊本 8092D   キハ186系4連 あそぼーい! 2号車7番A席

展望席やくろちゃんシートなど特徴的な座席もありますが無難にリクライニングシートを利用しました。シートピッチがそこまで広いわけではないですがフットレストが装備されていました。観光列車とはいえ平日は同じスジで九州横断特急として走るため停車駅が多いです。途中の赤水〜立野と立野駅ではスイッチバックを行いました。

 

f:id:FukisuiNoritetsu:20211114233257j:image

 

↓くろちゃんシート。完全に親子向けの設備です。

f:id:FukisuiNoritetsu:20211114233326j:image

 

f:id:FukisuiNoritetsu:20211114233346j:image

f:id:FukisuiNoritetsu:20211114233358j:image

 

↓夕暮れの阿蘇山などの絶景を見ることができました

f:id:FukisuiNoritetsu:20211114233425j:image
f:id:FukisuiNoritetsu:20211114233429j:image
f:id:FukisuiNoritetsu:20211114233422j:image

 

少し子供向け設備もある列車ですが大人の1人客の方が多かったです。全区間乗ると3時間以上かかるため結構長く感じました。

 

この先は乗車記録として乗った列車と編成のみ紹介します。

熊本18:49→19:23博多 612A   N700系8連【R3編成】みずほ612号 自由席(2号車)

切符の都合上博多までです。指定席交付の権利が1回残っていましたが2列並びの空席はなかったのと34分ノンストップなので自由席を選びました。

 

博多(19:44)19:51→22:24(22:21)新大阪 570A   N700系8連【S1編成】さくら570号 6号車14番A席

熊本でお客様対応を行ったので遅れて到着しました。今回は貯まっていたJ-WESTポイントを使って定価の自由席より安い値段でグリーン車にグレードアップです。普通車指定席が元から快適なのでこの車両のグリーン車はあまり乗る機会がありません。半室で席数が少ないため窓側はほぼ埋まっていました。

特急ゆふいんの森1号&3号乗車記

北部九州乗り鉄記の2日目はゆふいんの森とあそぼーい!の乗車がメインです。前回も記載した通りそれぞれの単発乗車記のみ投稿します。

 

f:id:FukisuiNoritetsu:20211114233009j:image

博多9:24→11:37由布院 8001D   キハ72系5連 ゆふいんの森1号 5号車4番D席

数ある九州のD&S列車の中でも運転開始が早く先駆けと呼べる列車です。今回は車両の乗り比べをしたかったので通しで3号には乗らず分けて乗車しました。特徴的な見た目で見る機会は意外と多かったのですがやっと乗ることができました。ハイデッカーで景色が見やすくなっています。また、車両を行き来する通路は一旦階段を上り降りする必要がなく橋のようになっていて面白いです。5両あるので乗車率はそこまで高くなく4割程度でした。意外と日田など途中駅で降りる人もいました

 

f:id:FukisuiNoritetsu:20211114233022j:image

 

↓D&S列車定番のいつものやつです

f:id:FukisuiNoritetsu:20211114233037j:image

f:id:FukisuiNoritetsu:20211114233047j:image

 

由布院では約1時間あったので足湯でのんびり過ごしました

f:id:FukisuiNoritetsu:20211114233103j:image

 

f:id:FukisuiNoritetsu:20211124011129j:image

由布院(12:38)12:41→13:37別府 8003D   キハ71系4連 ゆふいんの森3号 2号車6番D席

こちらは1両短い4両です。由布院までは団体客が乗っていましたがその先はガラガラで3割程度の乗車率でした。初代のこちらの方が金色で塗られている場所があるなど豪華な内装でした。

 

今では比較的指定券を取りやすくなりましたが前から乗りたかったのでようやく乗車できました。特徴的な見た目以外は派手な演出はありませんが乗ること自体を楽しむ観光列車の典型的な例だと思います。

特急かわせみやませみ91号乗車記

みんなの九州きっぷ旅1日目に乗車した特急かわせみやませみの乗車記です。熊本〜人吉で運転される列車ですが大雨災害による長期運休に伴い、去年から博多〜門司港で臨時運転されています。また、同区間で走るいさぶろう・しんぺいを連結して走ります。(この車両は本来の区間で乗車済み)

 

f:id:FukisuiNoritetsu:20211113235151j:image

門司港15:19→17:00博多 9061D   キハ47形4連 かわせみやませみ91号 1号車3番D席

 

自分が座った席は残念ながら窓枠と合っておらず眺望はあまり良くない位置でした。車両の特性上、そこまでスピードを出さなくても揺れやすいですが比較的のんびりした走行でした。リクライニングシートはネットでも購入できるので比較的埋まっていましたがカウンターやいさぶろうは空いていました。なお、途中遠賀川ではソニック号に追い越されました。

 

f:id:FukisuiNoritetsu:20211113235200j:imagef:id:FukisuiNoritetsu:20211113235207j:image

↑側面ロゴはそれぞれ用意されています

 

↓車内の様子

f:id:FukisuiNoritetsu:20211113235234j:image

奥はリクライニングシート、手前はカウンター席です

 

↓定番の撮影ボードとスタンプも用意されていました

f:id:FukisuiNoritetsu:20211113235258j:image

f:id:FukisuiNoritetsu:20211113235307j:image

 

肥薩線の再開見込みは経っていませんがこのように別の区間で運転する試みはとても良いと思います。ですが、早期復旧し本来の区間で運転できるようになるといいですね。

 

 

北部九州乗り鉄記

今回はみんなの九州きっぷを使って九州の北部を巡って来ました。1泊2日の行程ですが翌日は単発の乗車記を2つ出すのみでこのようなまとめ記事はありません。

 

新大阪7:35→10:11博多 531A   N700A系16連【F19編成】ひかり531号 8号車11番D席

以前も利用した格安のバリ得ひかり、グリーン車プランを利用しました。ひかりですが終点まで先着の速達タイプです。窓側はほぼ埋まっていて予想以上に盛況でした。

 

f:id:FukisuiNoritetsu:20211113234730j:image

博多11:19→12:06小倉 3019M   885系6連【SM1編成】ソニック19号 2号車3番A席

来た道を戻ります。新幹線ではわずか15分程度で駆け抜けますが在来線特急では3倍以上かかります。香椎〜折尾の間は割と景色がのどかです。乗車率は7割程度と高めでした。

 

f:id:FukisuiNoritetsu:20211113234741j:image

小倉12:40→12:57下関 5154M   415系4連【Fo105編成】

観光と呼べるかは微妙ですが関門海峡を歩いて渡ってみたかったので下関へ。

 

下関駅(13:12)13:16→13:34(13:24)御裳川 サンデン交通

始発から遅れて発車しました。地方の路線バスとは思えないほど立ち客多数で遅れが増大していました。また、車内自動放送がやや早口です。

 

↓全長780mしかないため10分程度で歩くことができます。両端でスタンプを押して所定の場所へ持って行くと証明書をいただくことができます。

f:id:FukisuiNoritetsu:20211113234800j:image
f:id:FukisuiNoritetsu:20211113234803j:image
f:id:FukisuiNoritetsu:20211113234806j:image

 

f:id:FukisuiNoritetsu:20211113234819j:image

門司港15:19→17:00博多 9061D   キハ47形4連 かわせみやませみ91号(いさぶろう91号) 1号車3番D席

詳細は別記事をご覧ください。

 

f:id:FukisuiNoritetsu:20211113234834j:image

博多17:15→17:37鳥栖 2033M   787系7連【BM6編成】かもめ33号 自由席(7号車)

特急乗り放題の権利を利用して短距離乗車です。

 

鳥栖17:52→18:35大牟田 4127M   811系8連【PM2013+PM2014編成】

この区間はの8両は明らかに過剰です。

 

f:id:FukisuiNoritetsu:20211113234846j:image

大牟田19:23→20:25西鉄福岡 3000形6連【3018F+3017F】

今年3月に「旅人」に乗ったので今回はもう一つの観光車両「水都」に乗車しました。郊外から都心に向かう列車の割には意外と混んでいました。

 

↓旅人同様、派手ではないものの観光車両らしい装飾とスタンプがあります。

f:id:FukisuiNoritetsu:20211113234855j:image

f:id:FukisuiNoritetsu:20211113234901j:image

 

天神20:41→20:47博多 1000系6連【1112F】

 

1日目は博多で終了です。気になっていた関門海峡を徒歩で渡るのは意外と面白かったです。冒頭に記載した通り、翌日は単発記事のみとなります。

近鉄特急しまかぜ乗車記

今回は近鉄を代表する観光特急しまかぜ(難波便)に乗車して来ました。今まで4回ほど乗りましたが記事を投稿するのは初めてです。

 

f:id:FukisuiNoritetsu:20211109192721j:image

大阪難波10:40→13:03賢島 50000系6連【SV03編成】5号車4番A席

デビューから年数が経っても人気は衰えず週末ということもありほぼ満席でした。伊勢市や宇治山田よりも鳥羽の下車が多く志摩線内はガラガラでした。

 

↓座席の快適性とクオリティは言わずもがなです。

f:id:FukisuiNoritetsu:20211109192733j:image

 

↓記念乗車証とおしぼりをもらいました

f:id:FukisuiNoritetsu:20211109192744j:image

 

f:id:FukisuiNoritetsu:20211109192755j:image

 

↓カフェ席では松阪牛重をいただきました。食事付きプランではない列車で温かい食事を食べれるのはかなり貴重です。

f:id:FukisuiNoritetsu:20211109192809j:image

 

↓カフェ席2階

f:id:FukisuiNoritetsu:20211109192818j:image

お昼時ということもあり少し並び提供にも時間がかかりましたが食べ終わった頃には誰もおらず撮影することができました。

 

何年経っても色褪せない観光特急で近鉄の気合いを感じることができます。以前サロンには乗ったことがあるのでいずれは2種類の個室に乗ってみたいです。f:id:FukisuiNoritetsu:20211115163305j:image

 

黒部峡谷鉄道乗り鉄記

前回の投稿から少し空いてしまいましたがどこでもきっぷ3日目は北陸の未乗路線、黒部峡谷鉄道に乗って来ました。前日も北陸にいたので泊まるのが普通ですが一旦大阪に戻りホテル代を節約する荒業をしました。これもどこでもきっぷ利用だからこそできる方法です。

 

f:id:FukisuiNoritetsu:20211025205858j:image

大阪6:30→9:13金沢 4001M   683系9連【T44編成】サンダーバード1号 9号車7番D席

最少停車駅に高槻と敦賀を加えた準速達タイプです。京都からの乗車が多く窓側はほぼ全て埋まっていました。

 

金沢9:22→9:58黒部宇奈月温泉 558E   E7系12連【F11編成】はくたか558号 自由席(2号車)

 

f:id:FukisuiNoritetsu:20211025205929j:image

新黒部10:06→10:30宇奈月温泉 10030形2連【10041F】

 

f:id:FukisuiNoritetsu:20211025205954j:image

宇奈月11:27→12:45欅平 EDR形+1000形+2800形15連

1両の長さが違うとはいえ機関車を入れると首都圏の列車もびっくりの15両です。往路は窓無しのtheトロッコ車両です。また、日本で3つしかないナローゲージ路線の1つでもあります。

 

↓息を呑むほど絶景が広がりますがトンネルも多く窓無しの寒い状況で背もたれがない座席に80分座るのはしんどかったです。

f:id:FukisuiNoritetsu:20211025210017j:image
f:id:FukisuiNoritetsu:20211025210024j:image
f:id:FukisuiNoritetsu:20211025210027j:image
f:id:FukisuiNoritetsu:20211025210014j:image
f:id:FukisuiNoritetsu:20211025210021j:image

 

f:id:FukisuiNoritetsu:20211025210038j:image

 

欅平13:31→14:48宇奈月 編成省略

復路は窓付きのリラックス車両です。車内は小ぶりの転クロが並んでいました。快適でしたがトロッコ列車に乗っている感じはあまりありません。

 

この後は接続列車には乗らず日帰り温泉に入浴しました。

 

f:id:FukisuiNoritetsu:20211025210130j:image

宇奈月温泉16:10→16:33新黒部 14760形2連【14765F】

ほとんどの乗客は新黒部で下車しましたが新幹線は東京方面の利用が多かったです。

 

黒部宇奈月温泉16:44→17:19金沢 567E   E7系12連【F15編成】自由席(3号車)

残念ながら今回乗った北陸新幹線は4本ともE7系でした。

 

f:id:FukisuiNoritetsu:20211025210204j:image

金沢17:54→20:38大阪 4042M   683系12連【T11+T50編成】サンダーバード42号 3号車14番A席

標準停車駅から加賀温泉を除いた代わりに高槻に停車するタイプです。乗車率は6割程度でビジネスと観光の人が半々くらいでした。

 

なかなか行くのが遠い黒部峡谷鉄道ですがそれだけの価値がある場所だと感じました。どこでもきっぷのコスパは最強なので期間中にまた買うかもしれません。

快速べるもんた2号乗車記

2日目のメインであるべるもんたの単発乗車記です。個性的な名前が多いJR西日本の中でも異彩を放つ独特な正式名称はベル・モンターニュ・エ・メールと長過ぎるのでべるもんたの愛称で呼ばれています。

 

f:id:FukisuiNoritetsu:20211025160753j:image

氷見11:05→12:10新高岡 8562D   キハ40系単行【キハ40 2027】ベル・モンターニュ・エ・メール(べるもんた)2号 1号車6番B席

乗車日の3週間前に予約したのでカウンター席は埋まっておりボックスの通路側になりました。折り返し時間が9分しかなく車内整備が必要なため慌ただしかったです。1両の観光列車はあまりないので珍しいですね。席数も少ないのでほぼ満席でした。

 

↓車内の様子

f:id:FukisuiNoritetsu:20211025160808j:image

キハ40のボックスで相席になるとやはり狭いです。

 

↓べるもんた最大の特徴は車内でお寿司をいただけることです。実際に板前さんが乗車し握りたての寿司を食べることができます。

f:id:FukisuiNoritetsu:20211025160829j:image

 

↓乗車記念証は花嫁のれんと同様に指定席券を挟むことができます

f:id:FukisuiNoritetsu:20211025160844j:imagef:id:FukisuiNoritetsu:20211025160855j:image

 

氷見線は海沿いの区間も多く日本海も遠くの立山連峰が見えます

f:id:FukisuiNoritetsu:20211025160907j:imagef:id:FukisuiNoritetsu:20211025160919j:image

 

そして氷見線べるもんたのもう一つの特徴は高岡駅構内の入替です。通常、客を乗せることはないのでとても貴重な体験でした。

 

車内でお寿司を食べられる試みはとても斬新で面白いですが乗車時間が短いのであまり余裕がありません。もう少し時間を確保するために現在のように土日で路線を分けるのではなく全列車が氷見線城端線を直通するのも面白いと思います。